大好きなニッポンを学んで実践すれば、必ず誰でもシアワセになれる!さぁみんなで一緒に♪とびっきりニッポン人を楽しもう~





ログインできない方はこちら

うけぴィ招待メールを依頼するぅ~

 うけぴィトップページへ



全国地域支部大募集ぅ~


まほらまと研究所



オレンジページnet



うけぴィモバイル




うけぴぃバナーs


うけぴぃバナーm



















































































南出校長先生より

  にっぽんのこどもたちへ 

【7月号】おさなごこち(幼心地) その3:サバンナ ひらがな版


 どうぶつえんにいくと、そうしょくどうぶつのシマウマ、

にくしょくどうぶつのライオンやハイエナなどがいます。

これらのどうぶつは、アフリカのサバンナ(そうげん)で、

やせいどうぶつとして すんでいましたが、

とらえられて どうぶつえんに つれてこられてからは、

べつべつの おりにはいっていて 

おたがい かおをあわすことは ありません。

えさには ふじゆうしませんが、おりのなかで いっしょう くらします。

 

 しかし、アフリカのサバンナで いっしょにくらしているときには、

いつも こんなことが おこります。

 

 ライオンが シマウマのおやこのどちらかを つかまえて 

たべようと ねらっています。

シマウマの おやこのうち、

シマウマのこどもは ちいさくて あしがおそく、

おやから すこしはなれたので、

ライオンは こどものほうを ねらうことにしました。

そして、こどもの うしろのほうに 

きづかれないように まわりこんで、

そこから きゅうに はしりだして おそいかかろうとしました。 

すると、シマウマのおやが それにすぐにきづいて、

こどもを たすけるために、

こどもと ライオンのあいだに わけはいるように はしりだしました。

そうです。おやが おとりとなり こどもを たすけようとしたのです。

はじめから みがわりになろうと したのではありません。

こどもを たすけて じぶんもにげて たすかろうとしました。

しかし、ライオンは、こんどは おやシマウマを ねらって おいかけ、

ついに つかまえて そのくびに かみつき しとめました。

こシマウマは いのちびろいを しましたが、

ライオンのかぞくは、おやシマウマを たべます。

そして、ライオンが たべのこした おやシマウマのにくは、

ライオンが たちさったあと、ハイエナが もらいうけて たべました。

 

 みなさんは、この サバンナで おこったことを どうおもいますか。

シマウマのおやこが かわいそうと おもいますか。

ぎせいになった おやシマウマは ばかなことをしたと おもいますか。

ライオンは わるくて ざんこくだと おもいますか。

ハイエナは ずるいと おもいますか。

 

 いろんなかんがえが あります。

しかし、これが どうぶつの せかいの げんじつであり、

どうぶつの せかいで にちじょうてきに おこることに、

にんげんの はんだんで 

よいことと わるいことの くべつをすることが できるのでしょうか。

どうぶつを ころして たべるほうほうの ちがいは ありますが、

にんげんのほうが ライオンよりも ざんこくでは ありませんか。

とらえられて どうぶつえんの おりにいれられ、

えさを あたえることを ほごしたとする 

にんげんの かんがえかたこそが ざんこくでは ありませんか。

いちど かんがえて みてください。

 

 さて、にんげんも ふくめて どうぶつの せかいは、

サバンナでの くらしのように、これまでずっと 

このようにして いきてきたのです。

せいめいを いじするほんのうによって いきてきたのです。

ほんのうというのは、うまれたときから そなわっている 

こころといっても よいでしょう。

そのほんのうが わるいことであり、まちがったものであれば、

じんるいも どうぶつも とっくに ほろびて いたはずです。

 

 それよりも、この サバンナでのできごとで 

まなばなければ ならないのは、おやシマウマの こうどうです。

シマウマには、にんげんのように、

こどもを たすけなければ ならないというような 

りくつによる どうとくかんが あるとは おもいません。

むいしきに、とっさの はんだんで こどもを かばったのです。

これは、まさに ほんのうであり、りせいとか りくつではありません。

どうぶつは じぶんの いのちと からだを まもろうとします。

これを じこほぞんの ほんのうといいます。

そして、さらに、そのいのちと からだを なげだしてでも 

こどもを まもろうとするのも ほんのうです。

これを しゅぞくほぞんの ほんのうと いいます。

これは どうぶつの ほんのうですから、

シマウマだけでなく、にんげんにも そなわっています。

そして、じこほぞんの ほんのうよりも 

しゅぞくほぞんの ほんのうのほうが つよい ほんのうなのです。

ですから、おやシマウマは、よりつよい ほんのうによって 

こどもをたすけたのです。

そして、たすけられた こシマウマが おおきくなって、

じぶんの こどもを そだてるようになり、

おなじようなことが おこれば、また おなじように こどもを かばうのです。

あなたも おおきくなったら、おなじことをします。

じゅんおくりですね。

 

 じぶんのいのちと からだが たいせつなことは あたりまえですが、

ほんとうに べんきょうしてほしいのは、

そのいのちと からだを ささげてでも 

まもらなければ ならないものが あるのかどうか、

それはなんなのか、ということを みつけることです。

それが みつけられれば、

ほんのうが つよくなって いきることの ゆうきが わいてきます。

 

 




へいせい22ねん6がつ3かしるす

みなみで きくぢ

 

 

 

 

ふりがな版を読む

 

PDFファイルを表示、印刷するには、Adobe の無料配布ソフト、

アクロバットリーダーが必要です。

下記のバナーをクリックすると、Adobeのダウンロードサイトにジャンプします。

 

 

 

 

 

もどる もくじ つぎへ



ページトップ

うけぴィ ・ まほらまと研究所 ・ まほらまと草紙 ・ 國體護持塾 ・ みすまる商店街

うけひのもり事務局 〒604-0093 京都市中京区新町通り竹屋町下る 電話:075.204.8609 FAX:075.204.8610 office@ukehi.com