大好きなニッポンを学んで実践すれば、必ず誰でもシアワセになれる!さぁみんなで一緒に♪とびっきりニッポン人を楽しもう~





ログインできない方はこちら

うけぴィ招待メールを依頼するぅ~

 うけぴィトップページへ



全国地域支部大募集ぅ~


まほらまと研究所



オレンジページnet



うけぴィモバイル




うけぴぃバナーs


うけぴぃバナーm



















































































南出校長先生より

  にっぽんのこどもたちへ 

【11月号】おさなごこち(幼心地) その6:飴だま


 こんかいも どうわを とりあげます。
それは、新美南吉(にいみなんきち)の『あめだま』(にいみなんきちぜんしゅう)です。
ひじょうに みじかい どうわですので、ぜんぶんを いんようします。

 はるのあたたかい ひのこと、わたしぶねに ふたりのちいさいこどもをつれた おんなのたびびとが のりました。
ふねが でようとすると、
「おーい、ちょっとまってくれ。」
と、どてのむこうから てをふりながら、さむらいがひとり 

はしってきて、ふねにとびこみました。
ふねはでました。
さむらいは ふねのまんなかに どっかりすわっていました。

ぽかぽか あたたかいので、そのうちにいねむりをはじめました。
くろいひげを はやして、つよそうなさむらいが、

こっくりこっくりするので、こどもたちは

おかしくて、ふふふと わらいました。
おかあさんは くちにゆびをあてて、
「だまっておいで。」
といいました。さむらいが おこっては たいへんだからです。
こどもたちは だまりました。
しばらくすると、ひとりのこどもが、
「かあちゃん、あめだま ちょうだい。」
とてを さしだしました。
すると、もうひとりの こどもも、
「かあちゃん、あたしにも。」
といいました。
おかあさんは ふところから、かみのふくろを とりだしました。

ところが、あめだまは ひとつしか ありませんでした。
「あたしにちょうだい。」
「あたしにちょうだい。」
ふたりのこどもは、りょうほうから せがみました。

あめだまは ひとつしかないので、おかあさんは こまって しまいました。
「いいこたちだからまっておいで、

むこうへついたら かってあげるからね。」
といってきかせても、こどもたちは、

ちようだいよー、ちょうだいよー、とだだをこねました。
いねむりしていたはずの さむらいは、ぱっちりめをあけて、

こどもたちが せがむのを みていました。
おかあさんは おどろきました。

いねむりを じゃまされたので、

このおさむらいは おこっているのに ちがいない、とおもいました。
「おとなしくしておいで。」
と、おかあさんは こどもを なだめました。
けれども こどもたちは ききませんでした。
するとさむらいが、すらりとかたなをぬいて、

おかあさんと こどもたちの まえに やってきました。
おかあさんは まっさおになって、こどもたちを かばいました。
いねむりのじゃまをしたこどもたちを、

さむらいが きりころすと おもったのです。
「あめだまをだせ。」
とさむらいは いいました。
おかあさんは おそるおそる あめだまを さしだしました。
さむらいは それを ふねのへりにのせ、

かたなで ぱちんと ふたつにわりました。
そして、
「そーれ。」
とふたりのこどもに わけて やりました。
それから、またもとの ところに かえって、

こっくりこっくり ねむりはじめました。

 

 どうですか。すばらしいどうわでしょう。

ははがこどもを きがいから まもろうとする ほんのう、
さむらいの りりしさなどが よくひょうげん されています。

にいみなんきちの どうわには、このような 
にんじょうみ あふれるさくひんが おおいのです。
ほかにも 『ごんぎつね』という こころうたれる どうわもあります。

いちど よんでみてください。

 

 さて、こんかい、どうして『あめだま』を とりあげたかというと、

このはなしは、たんに どうわというよりも、わたしたちが、
これからの よのなかを きぼうにみちた 

ゆたかなものと するための ちえの げんけいが えがかれて いるからです。
それは、羊羹(ようかん)りろんといいまして、

ふたりのこどもに ようかんでも あめだまでもよいですが、

それを はんぶんにわけて、
どちらからも ふへい ふまんが でないほうほうの ちえのことです。
「あめだま」の はなしでは、けんいと しんらいのある おさむらいが 

わけて くれましたが、おかあさんじしんが 
おさむらいの はっそうとおなじように、

あめだまを ふたつにわって ふたりに わけたとすれば、

こどもたちは まんぞくしたのだと おもいます。
しかし、もっと こどもが おおきくなってくると、

それでは まんぞくしないことが あります。きょうだい しまいの ばあいなら、
あにや あねが おおいほう(おおきいほう)を おとうとやいもうとに 

ゆずってあげれば、きょうだいあいの うるわしい かんけいに なります。
しかし、これが きょうだい しまいではなく、たにんとのあいだで 

わけるとなると、そうは いかないことが あります。
はんぶんに きった(わった)としても、

どちらかが すこしおおい(おおきい)といって、けんかに なるかもしれません。
そんなとき、このようかんりろんを つかうのです。

 

 それは、ふたりに じゃんけんでも させて、どちらかひとりに 

ようかん(あめだま)を はんぶんにきる(わる)ことをさせ、もうひとりには、
はんぶんにきった(わった)あとに、まっさきに そのうちから 

すきなほうを えらべることに するのです。
そうすると、はんぶんに きる(わる)やくめのひとは、

もし、どちらかが おおい(おおきい)ようにしてしまうと、
そのおおい(おおきい)ほうが もうひとりに とられてしまうので、

いっしょうけんめいに まはんぶんに きろう(わろう)とします。
そのようにすれば、こうへいで こうせいな ぶんぱいができるのです。

これを しゃかいぜんたいに おうようすれば、
せいじや けいざいの こんらんはなくなります。
みなさんも、この「あめだま」の はなしをきっかけにして、

ようかんりろんを よくりかいし、すぐにでも まわりのひとや 
ともだちに はなしたり、それを じっせんしてみてください。



へいせい22ねん8がつ14かしるす

みなみで きくぢ

 

 

 

 

ふりがな版を読む

 

PDFファイルを表示、印刷するには、Adobe の無料配布ソフト、

アクロバットリーダーが必要です。

下記のバナーをクリックすると、Adobeのダウンロードサイトにジャンプします。

 

 

 

 

 

もどる もくじ つぎへ



ページトップ

うけぴィ ・ まほらまと研究所 ・ まほらまと草紙 ・ 國體護持塾 ・ みすまる商店街

うけひのもり事務局 〒604-0093 京都市中京区新町通り竹屋町下る 電話:075.204.8609 FAX:075.204.8610 office@ukehi.com